エコバックスは世界52の国と地域でロボット掃除機販売台数累計でNo.1を達成‼

エコバックスは世界52の国と地域でロボット掃除機販売台数累計でNo.1を達成‼

世界52の国と地域でロボット掃除機販売台数累計でNo.1を達成

ロボット掃除機というとまず思いつくメーカーが一つあると思いますが、実は世界的に見るとエコバックスは2018年1月~12月の1年間でヨーロッパ、アジア、オセアニア、中南米、中東、アフリカの世界52の国と地域*のロボット掃除機販売台数の累計で1位**になりました。

エコバックスは家庭用ロボットの専業メーカーで、これまで国際的にも権威のある賞を多数受賞し、20年以上にわたり家電ロボット製品を研究、開発してきました。世界中のお客様に確かな品質を保証するために、知的財産ポートフォリオを拡大することに尽力し、今日、世界で345の商標と1,000を超える特許を保有しています。 床用ロボット掃除機以外にも、窓用ロボット掃除機やロボット空気清浄機などを開発し、ロボットを通して皆様に安心して快適な暮らしをご提供いたしております。

多数の受賞歴

革新的なエコバックス製品は、国際的な賞を多数受賞しています。当社独自の窓用ロボット掃除機であるウィンボットは2016年度グッドデザイン賞、2018年度CES HOME APPLIANCESイノベーションアワード、2019年度レッド・ドット・デザイン賞などを受賞しています。2019年9月20日に発売したDEEBOT OZMO 950(ディーボット オズモ 950)は、 9月6日から11日(現地時間)ドイツ・ベルリンの国際見本市で開催された国際コンシューマエレクトロニクス展示会「IFA 2019」 で、IFA Product Technical Innovation Award(IFA製品技術イノベーションアワード)の「Mapping Technology Innovation Gold Award(マッピング技術イノベーション・ゴールドアワード)」を受賞しました。

2019年9月20日発売「 DEEBOT OZMO 950」
IFA2019でマッピング技術イノベーション・ゴールドアワードを受賞

エコバックスの沿革

  • 1998年 エコバックス社設立、家庭用ロボット分野の研究開発を開始
  • 2000年 HSR(Home Service Robot)のR&Dプロジェクトチームを設立
  • 2004年 米国Underwriters Laboratories社のUL認証を取得
  • 2005年 中央研究所がISO17025認証に合格
  • 2012年 2月に子会社ECOVACS Europe GmbHをドイツのデュッセルドルフに設立
        11月に子会社ECOVACS ROBOTICS Inc.を米国ロサンゼルスに設立
  • 2015年 子会社エコバックスジャパン株式会社を東京都新宿区に設立
  • 2017年 「OZMO モップシステム2.0」搭載床用ロボット掃除機をAWE2017にて発表
  • 2018年 5月28日に上海証券取引所に上場
        会社設立20周年記念
        AWE2018 にて世界初AI技術を利用した物体認識可能なロボット掃除機 ECOVACS AIVIを発表
  • 2019年「BrandZ China‘s Top 50 Offshore Brands in 2019」で18位獲得し、グローバル 事業の拡大を継続


エコバックスのヒミツカテゴリの最新記事